ここまで見るべき?学生向けの賃貸住宅の選び方!

環境で住みやすさを確認

学校やアルバイト先までの距離

学校やアルバイト先に近い物件を選ぶのは良い事ですが、あまりにも近すぎるのも考え物です。一人暮らしをしているからと言ってだらけてしまい学校へ行けなくなってしまったり、近いからといって遅刻ばかりしてしまったりするケースもあります。友人が押しかけて来てダラダラとたまり場状態になるのも危険です。
アルバイト先も同様の理由で、あまりにも近すぎるのはおすすめ出来ません。出来れば1~2駅程度、または徒歩10分圏内であれば良い運動も出来るのでおすすめです。
また周辺にスーパーなど生活に必要な施設があるかも確認するのがベストです。コンビニは便利ですが無駄使いをしてしまうので、ライフスタイルや懐事情と相談して決めて下さい。

隣人や周辺の環境について

例えば卒論のレポートや、課題など集中しなければならない時に周りがざわついているとうまく集中出来ません。反対に静かで集中しやすい環境があれば、多少やる気がなくてもスムーズに捗る事もあります。
人は環境に流されやすい生き物で、引っ越し先の環境によって性格が変わるとも言われています。学生向け物件を選ぶ際にも、周辺の環境を確認して下さい。ネットや雑誌の情報だけでは不十分なので、実際にそのエリアを散策するのがベストです。
これは住んでみないと分かりませんが、隣人との関係も重要です。激安物件や周辺環境の良くない場所には、質の良くない人が集まる傾向もあるので立地場所や周辺環境を考慮した上で契約をするとベストです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ