ここまで見るべき?学生向けの賃貸住宅の選び方!

学生が選ぶ賃貸物件とは

激安物件には要注意

わざわざ不動産へ足を運ばなくてもネットや雑誌を使って、物件情報が見られるので暇さえあれば物件探しをしている。この選んでいる時が一番ワクワクしますし、楽しい物です。
学生向け物件ですが基本的に賃料はそんなに高くありません。しかしあまりにも安すぎる物件は要注意です。激安物件になる可能性のあるのはまず間取りが特徴的な物件です。
ネットや雑誌には1R、1Kとして掲載されていなくても、実際は一般的な1R、1Kでは無い場合もあります。
冷蔵庫や洗濯機など音のする家具をリビングへ設置しなければならないケースもあり、騒音に悩まされる事もあります。また原状回復が甘く使用感が著しい物件も激安になる事が多いです。これらの踏まえた上で激安物件に住むのなら問題はありません。

大家さんや不備の問題がある

人気の物件は賃料を安くしなくても入居してくれるので、わざわざ引き下げる必要はありません。激安物件の中には大家さんが気難しくこちらの生活習慣にも口を出してくる場合もあります。親元を離れ、この口出しが心地よいと言う方もいますが一般的にはあまり好まれません。
また取り壊しが決まっている物件や改善出来ない不備のある学生向け物件もありますので、治療の安さだけで物件を決めるのは危険です。気になる物件が激安物件であれば、必ず内覧申込みをして問題が無いかを確認して下さい。
その上で納得いくまで担当者と話し合い、問題無いと思った時点で契約をおすすめします。少しでも不安や不明点が残る場合は保留にしても問題はありません。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ